Tsukuba Gakuen Church, UCCJ

日本キリスト教団 筑波学園教会


オルガン

筑波学園教会のパイプオルガン

筑波学園教会のパイプオルガン  筑波学園教会のパイプオルガンは、17世紀から18世紀にかけて、北ドイツの主にオストフリースランド(Ostfriesland)地方に、100台を超える銘器を残したオルガン作りの名匠アルプ・シュニットガー (Arp Schnitger)の様式を、忠実に踏襲しています。
 アルプ・シュニットガーは、最も有名なオルガン製作者の一人で、北ドイツにおけるバロックオルガンの代表的製作者の一人です。 このアルプ・シュニットガーによるオルガン様式は、16世紀から18世紀のヨーロッパにおいて絶頂期をむかえた様式で、オルガンでありながら工芸品としても最高レベルとされています。

オルガンの鍵盤  ストップと呼ばれるパイプオルガン特有の音栓によって、パイプオルガンは、他の楽器には真似のできない多彩な響きや音色を生み出すことができます。 ストップを複数同時に作動させることにより、実際に装備されているそれぞれのストップ音色にはない音色を、パイプオルガンは奏でることができるのです。 これが、パイプオルガンが『楽器の王様』と称される所以でもあります。
 当教会のパイプオルガンは、33のストップを持ち、3段の手鍵盤と足で弾くペダル鍵盤を備えています。

オルガン近影  音色は、北ドイツ改革派・ルーテル派教会の中で培われた力強く、輝かしい荘厳な響きを踏襲しています。 当教会における賛美の大合唱を支えるのに相応しい楽器といえるでしょう。


筑波学園教会のパイプオルガンをさらに詳しく・・・閲覧制限あり

戻る


Web管理人より
 このサイトに関する技術的な事柄 (誤字・脱字、矛盾した表現、デザインの不統一、リンク切れやエラーの報告など) についてのご連絡やお問い合わせは この連絡フォーム にて送信をお願いいたします。 なお、掲載内容に関するご質問や相互リンクの依頼などには対応できない場合があります。 ご了承ください。



Copyright © 2003 Tsukuba Gakuen Church, UCCJ All Rights Reserved.